NEWJIオリジナルマーケティングで顧客を創造する

This is Football Media NEWJI.

My name is masayan from ryujin’s official partner.
I’m researching in marketing and business development for NEWJI.

NEWJI has big potential and some idea.
We will make 1 million PV in our web site.

We believe that dream will come true someday.
Someday your dream will come true.

マーケティングは1960年頃に誕生した知識体系となります。
多様化するニーズの中で、企業のマーケティング活動も変化しております。

では実際にマーケティングとは何を指す活動のことなのか?

簡単に言うと「商品とお金のハッピー」な交換です。

売り手(企業)は価値(商品やサービス)を買い手(顧客)に提供し、顧客から利益を享受する。
実現するためには、どういった交換が望ましいのか、より良い交換はどういったものなのか。
それを体系的・戦略的に具現化していく一連の活動すべてがマーケティングになります。

Webマーケティングをはじめ、FacebookやLINEなどのソーシャルメディアでの次世代マーケティングも定着してきていますが、基本的な概念は変わりません。というのも、ユーザー(顧客)はWebやソーシャルメディアを通じて、価値あるものを探し、入手(購入)するという手段・行動をとっているだけで、マーケティングの原理原則は、これからも不変かと思われます。

しかし今日では、いわゆる王道の「マスマーケティング」ではニーズの変化に対応することが難しくなってきており、多様化するニーズ・嗜好・競合等、「商品とお金のハッピーな交換点」を見つけるのに、企業や企業のマーケティング担当者は日々悪戦苦闘しているに違いありません。

ひと昔前ではナンバーワンを目指すことを善としていたはずが、SMAPの「世界に一つだけの花」のメガヒットも手伝ってか、時代はオンリーワンへの方向にシフトしてしまいました。勿論オンリーワンを目指すことも必要ですが、やはりナンバーワンを目指す過程での1つの選択肢として、オンリーワンがあれば尚良いのではと考えます。

こうした時代の変化に伴い、顧客1人だけをターゲットとしてマーケティングを行う「One to Oneマーケティング」たるものが登場しました。

「One to Oneマーケティング」

これまでのような一方通行のマーケティング(マスマーケティング)ではなく、顧客と双方向型のマーケティングを行うことで、密な関係を継続させ、発展させていくことを最大の目的としている。

悟天とトランクスのフュージョンばりに、「One to Oneマーケティング」と、仮想人物をターゲットにした「ペルソナマーケティング」を融合させることが出来た場合、NEWJIは爆発的な飛躍を遂げることになるでしょう。



100万PV挑戦中!

masayan
masayan
Masayanです。タイを愛し、旅を愛し、マーケティングを追究しています。好きなサッカー選手はデルピエロとデラペーニャ。
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です