サッカーニュースを自由気ままに

Jリーグが開幕しました。 

開幕戦ということでテレビ観戦をさせて頂きました。観た試合はNHKで放送されていたガンバ大阪VSFC東京でしたが、チャンネルを変えれば同時刻に行われている色んな試合を適当に観れるので、自分の中でJリーグの新しい楽しみ方も発見することができました。 

サッカー界はJ開幕、そして新しい代表監督も12日に発表予定です。シーズンが始まりメディアも態と売れる記事を書いてファンを煽り、世の中にいいニュースばかりが飛び交っているように見えています。 

 
今日はテーマを絞ることなく自由な発想で自由に綴ります。

日本サッカー協会に改革を

まずはこちらの2つの記事に目を通して頂きたい。

 

「32人抜き」「40代」「慣例破り」… 大手企業で相次ぐ社長抜擢 勢い増す「変革」「世界戦略」 

 
社長交代、タイミングが重要 変革者の育成目指せ 

日本のサッカー界は改革のタイミングを逃したようです。

おじ様たちの派閥争いや妄想よりも、新しい発想を持っている若い衆にチャンスを与えて欲しいところです。会長選任を投票式にするならば、全サッカーファンへ向けた立候補演説からのサッカー民投票にして欲しいもんです。 

海外メディアからはハリルホジッチ次期代表監督の採用に、「また爆弾を抱えることになる」とまで言われています。さらに欧州で活躍する日本人選手も新監督の情報は全く把握していない状況です。

数打てば当たった新監督に多額の契約金と年棒を用意した日本サッカー協会。意外とお金を持っているんですね…そう思いながらも、ハリルホジッチ(海外)へ流れるお金の中の、5,000万円でも進化系サッカーメディアNEWJIに分けて頂ければ、今のサッカー界の価値を5倍にします。 

参考:「400億円やるから、企業価値を5倍にしろ」–孫正義氏の後継者の条件

監督の人選をどうこうする前に、協会自体の体制を改めるべきだよね。ワールドカップで惨敗しても、八百長疑惑で監督を更迭せざるを得ない事態になっても、誰も責任を取らない。一体、どんな問題だったら、協会は責任を取るのかな。こんなプレッシャーのない組織は、日本のどこを見ても見当たらない。まさに特権階級で、自分たちのやりたいことをやっているだけ。そんなトップの下で、日本サッカーが良くなるわけないよ。

出典:http://news.livedoor.com/ 

セルジオ越後の声は日本サッカー協会に届いているのでしょうか。

協会の体制が変わらなければ、どんな監督が来たって4年サイクルで同じことを繰り返すだけ。いつまで経っても、世界になんて追いつけないよ。

出典:http://news.livedoor.com/ 

妙に納得してしまう今日この頃です。

スタジアム改築で観客が埋まればGMもスカウトもいらない

まずはこちらの記事に目を通して頂きたい。

 

スタジアムに投資すれば、日本のスポーツ界は変わる 

選手に投資してからスタジアムです。間違ってはいけません。箱だけ凄くても意味がありません。それで観客が埋まるならばGMとスカウトマンに仕事がなくなります。安易な発想でサッカー界の仕事を奪おうとしないでください。 

最高のスタジアムと最高のサポーター率いる浦和レッズの観客動員数はピーク時よりも平均で1万人は減っています。 

ただただ内容(サッカー)が面白くなくなったから、もしくは、もともと35,000人程度が浦和レッズのコアファン(1シーズン3試合以上観戦)であり、それにプラスアルファでライト層が観戦していたのでしょう。 

今のタイミングでスタジアムに投資すべきJリーグクラブは皆無かもしれません。短期で見るなら唯一、ガンバ大阪でしょうか。長期で見ると空席も目立つことになるかもしれません。 

しかし、ガンバ大阪のスタジアム建設募金は非常に面白い試みなので、次回スタジアムに投資しようと思っているJクラブがあるならば、まずはそのお金(推定150億円)を使って下記選手の獲得を検討して欲しいところです。 

FWファン・ペルシ(オランダ代表2000万ポンド=約36億~) 

出典: http://www.voga-inc.co.jp/

MF/DFダヴィド・ルイス(ブラジル代表4000万ポンド~=約72億~) 

出典: 

MF/DFフィリップ・ラーム(ドイツ代表移籍金不明) 

出典: 

 移籍後の給与も支払う必要があるので、まずは下記3社をスポンサー営業を試みる必要があるかもしれません。 

ユニクロ 

出典:http://www.fastretailing.com/ 

ソフトバンク 

出典:http://recruit.softbank.jp 

 LINE 

出典:http://linecorp.com/ 

とにかくまずは選手に投資して欲しいところです。満員なりそうな可能性ありませんか?

サッカー人が本気で提案、Jリーグの新しい楽しみ方

Jリーグを本気で楽しむためには、応援するクラブを決めた方がいいと言う説が自分の中で浮上してきました。 

今更何を!と言われるかもしれませんが、これまで特定した応援するクラブはなく、選手個人単位で一人一人を複数クラブに跨り応援していました。 

今季2015シーズンはNEWJIで川崎フロンターレとFC東京、そして吉田達磨監督率いる柏レイソルに注目していると述べました。 

そう公言してしまうと、結果が非常に気になるもの。そもそもどういうサッカーをするのかも気になるので、Jリーグの試合が非常に気になるキッカケを自分で作ったのかなと思っています。 

後は継続してクラブの結果を気にし続けることができるか。2015シーズンに至ってはスタッフブログを書いている以上、毎週末のJリーグ結果も気になるのは間違いありません。 

恐らくシーズン終了時に上記3クラブの成績をみて笑っているかもしれません。と言うことで、毎週トトを買うことにしましたので、更なる楽しみ方を編み出したような気になっています。 

皆さんも応援クラブを作ってトトを買ってみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です