変わらぬ日本代表、悩める指揮官アギーレの選択

前向きな発言で会見を終えたアギーレ監督。あくまでも前向きな発言で。しかし、実際に招集しているメンバーは、ワールドカップブラジル大会で中心選手であったメンバーを揃えてきました。

皆さんこんにちこんばんは。「進化系サッカーメディアNEWJI」の立案者ryujinです。好きな角度は斜め45度です。

アギーレはきっとこう考えたんやと思う。「そろそろサポーターが満足する勝利を…。」やないと、このタイミングで代表慣れしているメンバーを招集しないでしょう。

要するに、アギーレの中で勝てると信じたメンバーが、代表監督を決断する際に映像で見てきた過去の代表メンバーであり、今回の呼ばれたメンバーと言うことになる。

やっぱり、この人らやないと勝てへんかも。って、おい!

迷いがありすぎる。実に、迷ってる。どれぐらい迷っているかと言うと、風邪引いた時のお供として、ポカリスウェットを買おうか、アクエリアスを買おうか、どっちを選ぶのか、それぐらい迷ってる。

確かに、代表慣れしたメンバーも、チームではいい成績を残しているし、コンスタントに試合にも出場していて、コンディションがいいかもしれない。原専務理事のワールドカップ総評でもあるコンディション調整不足も解決できているかもしれない。

けど、アジア大会を目の前の目標として設定してるけど、その先のオリンピックとかロシアワールドカップとか、将来の日本サッカーとか、どうでもいいんかい?視野が狭くないかい?あなた4年契約でしょ?

現役Jリーガーもびっくりやで。選ばれる可能性を感じて、期待した結果が「やっぱりそこらへんかーい!」って、完全に信頼を損ねるで。

なんやかんやでアギーレにちゃちゃ入れてる日本サッカー協会も耳元で、「そろそろ勝利をたのんます…解任問題に発展しかねないので…」って言うてるんちゃうかね。

別にね、遠藤保仁や今野泰幸を呼ぶこと自体問題ありません。内田を代表復帰させるのも問題ありません。彼らが勝てるメンバーだとするならば、それを証明してくれたらいいだけです。実際に彼らが一番うまいんやから。

しかしやな、将来の代表を背負う人物が入ってへんがな!!!

むしろ、今から彼らを中心にチームを作っていくことが必要でしょうが!!!

香川、乾もいいと思うよ。けど良く考えたら、彼らはもはや中堅どころかベテランの域に達しかけてるのですよ。

なに?アギーレが?

サッカーで重要なのは質であり、年齢ではない。

いやいや、言いたいことは分かるよ。分かる。分かる。けど、ちゃうやん…年齢も大事やろ。日本サッカー協会の接待で銀座の高級クラブに行ったとして、10代、20代、30代、好きな女性を指名できるとして、あなたは30代後半の玄人をズバリ指名したのと一緒ですよ。

その時あなたの脳裏には「安心感(=自己満足)」がよぎったでしょ!!

その安心感を選ぶところは分かるけど、代表監督なら安定安心よりも、もっと大事なことがあるでしょう!選考基準が、経験の他にも大事なものがあるでしょう…

ブラジル代表もそやけど、ドイツ代表とか他の国がワールドカップを境に、どんどん若返りや新しいスターが出てきてるやん。新旧交代をうまく取り入れて、それこそ「サッカーで革新を生み続ける方法」でも言ったように、代表に革新を生み出してるやん。

絶対に呼ばへんと言うなら別やけど、この3年で代表の中心となる選手を今から呼ぼうよ。やっぱり何も変わらない…

ということで、この状況にメスを入れることができる勇敢な方を募集しています。

「日本サッカー協会 求人」で検索!1415253192985
写真:http://careerindex.jp/

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です