ウイイレをするか、ウイクラをするか、ウリカイをするか


先日、Facebookの広告欄に表示された、通称「ウイクラ(ウイニングイレブン クラブマネージャー)」と呼ばれるゲームのアプリをダウンロードしました。


image
出典:http://www.konami.jp/


最初に広告を見たときは、一瞬、ウイクラ?と思いましたが、サッカーにかじっている人であれば、誰でもすぐに「ウイニングイレブンね!」と脳裏で理解することができるのではないでしょうか。


是非、ダウンロードしてみてください。

ウイイレクラブマネージャー【ウイクラ】PESCM

ウイイレクラブマネージャー【ウイクラ】PESCM
開発元:KONAMI
無料
posted with アプリーチ


ウイイレをするのか

サッカー人であれば、およそ9割9分の人が一度はウイニングイレブンをプレーしたことがあるでしょう。


ずいぶん前の話になりますが、ウイニングイレブン5が発売された頃、誰かの家でこれまでのウイニングイレブンシリーズで遊んでいた通りのイメージでプレーした記憶があります。


しかし、ウイイレ5からあまりに本格的な選手の動きに対し、自分の技術ではコントローラーを動かしきれずにプレーを十分に楽しむことができず、ウイイレ5を機にウイイレシリーズからの早期引退を決意しました。


それから数年後の東京に拠点を移して間もない頃、笹塚駅の近くにある地下ゲームセンターにふと立ち寄る時があり、そこで通信制のウイイレを見つけて、思わず大人遊び(100円玉を積み上げて長く居座る)をしてしまい、数ヶ月間ハマりにハマって、コナミカードを3枚保持していた時もありました。


ちなみにその時の自クラブは「バルセロナ」を使っており、メッシ、イブラヒモビッチ、クリロナの最強3トップで得点を量産していました。


しかし、そんな大人遊びも束の間、毎日終電まで働く日々の中で、いつの間にかプレーすることを忘れてしまうのでした。


ウイクラをするのか

そして、先日たまたま見かけたFacebook広告のおかげで、ウイイレで大人遊びをしていた懐かしい記憶がよみがえり、ついついダウンロードをしてしまったのです。


普段は全くゲームをやることはなく、スマホのアプリもゲームをインストールすることはほとんどありません。


しかし、ウイクラとやらを興味津々でプレーし始めると、今の最新ゲームの完成度にただただ驚き、念願の「F.C.NEWJI」を立ち上げることが出来ました。


ホームタウンは中国上海。ユニフォームは光明台JSC時代の上下緑色を基調としました。


そして最初に獲得した選手はネイマール。ネイマールと田中順也のツートップでした。


しかし、ダウンロードしてから数日後、他のどんなゲームをしてても同じような気持ちになりますが、やはりウイクラでもその気持ちが込み上げてきました。


なんて生産性のない遊びで時間を使っているのか


どうもゲームに関しては、ウイイレ5で早期引退してからと言うものの、全くハマることができません。


小さい頃に感じたゲームをするあのトキメキと、どうしても遊びたい気持ちはどこに行ってしまったのでしょうか。


ウリカイをするのか

実社会では、どんな場面でも必ず遭遇するであろう「ウリカイ」。すなわち、「売りと買い」です。


ウイイレをするのか、ウイクラをするのか、もしくはウリカイをするのか。


今の時代は誰でもそのウリカイを手軽に少ない元手で出来るようになりました。モノのウリカイ。これほど楽しく生産性のあるゲームはありません。


自分が不要(ゴミ)だと感じているものが売れる世の中です。そして、全く同じものを3000円で売っているのに対し、5000円で売れた時の喜び。さらに、どうしても欲しいモノを自分の交渉によって格安で手に入った時の達成感。


ウリカイは、学校で学んできた数学や社会、大学で学んだ経済学や法学よりも、思った以上に実りのある実体験となることは間違いありません。


年末のお歳暮の時期、大学のサッカー部の部費を支払うために、時給1500円で8時間(夜10時から朝6時、休憩15分)働くクロネコヤマトの荷物の仕分けがありましたが、今思えば12000円を違う方法(ウリカイ)で稼げは良かったなと思います。


ただ、クロネコヤマトのアルバイトもそれなりにいくつもの伝説が生まれるネタとして、実のある実体験であったのも事実です。


あなたならウイイレをしますか?それともウイクラをしますか?もしくはウリカイをしますか?

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です