NEWJIアクセス解析2016年5月


サッカーをしていると、心と身体が鍛えられます。サッカーと言うよりも、スポーツ全体で同じことが言えるでしょうか。


その中でも、体育会と呼ばれる「ハード」と、サークルや草サッカーの「ソフト」に勝手に分けてみますが、前者の体育会出身の人材は、社会的にも重宝されることがあります。


ただ、サークルや草サッカーでもハードなクラブは存在しますので、私はそちらの世界は経験したことがなくあまりよく分からないので、ここでは触れないようにしましょう。


1人の男となれ

体育会でガッツリとサッカーをしていると、ミーティングの場で必ずと言っていいほど指導者が口にする言葉があります。


1人の人間(男または女)として大きくなれ


言い方は色々あるかもしれませんが、人として正しく成長し、サッカー選手である前に1人の男(女)として大成せよ!と言うようなニュアンスです。


冒頭に述べたように、スポーツ(ここではサッカー)をしていると、サッカー選手として鍛えられるのはもちろん、1人の男としてと成長することができるでしょう。


ハードであればあるほど、その成長の度合いは高くなるような勝手なイメージです。


あいさつ、時間厳守、敬語、集団生活(協調性)など、サッカーのプレー以外にも様々なことを指導者に指導されることになります。


あいさつ


社会人となると、様々な環境で育った人と交わるようになります。もしかしたら、海を越えて文化も違う外国人ともコミュニケーションを取らなければならない日が来るかもしれません。


体育会で育った人からすると、社会人として感じる衝撃は多々あります。その中の1つであいさつができない、またはあいさつを全くしない人が多いことに驚くでしょう。


サッカー指導者に言われていたことは「◯◯コーチ、こんにちは!」や「◯◯コーチ、さようなら!」など、あいさつを徹底するように言われていた(いる)はずです。


一番の衝撃は、そのようなサッカー指導者にもあいさつができない人がいることですが。
 

時間厳守


5分前行動。時間厳守は必ず言われます。


例えば16時に練習であれば、16時にはトレーニングシャツに着替えて、少しウォーミングアップやストレッチ等の事前準備をし終わった状態でなければなりません。


となると、最低でも15時55分には準備を完了し、いつでも16時を迎えることができるようにしなければなりません。


しかし一方で、社会人となると16時のアポに対し5分前や10分前に到着すると、16時まで待たなければならないこともあるのです。16時の約束に対し、相手の都合を無視して5分早めることがよろしくない風習もあります。


社会人は16時と言われれば、16時。ドンピシャでなければならないこともあるのです。


「六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント」でも取り上げられていましたが、当時の日本代表であるトルシエ監督が、チームの規律として時間厳守を掲げ、5分前行動を選手に課していました。


しかし、ミーティングが始まる5分前に当時代表の中心であった中田英寿の姿はありません。そして、ミーティングが始まる時間ギリギリに現れた中田英寿にトルシエ監督は、「遅い」と一言、すぐさま中田英寿は「遅れてないじゃん」


ちなみに一昔前の関西大学体育会サッカー部の一回生は練習の1時間半前集合でした。


あなたは時間厳守に対してどう考えますか?
 

敬語


体育会系で育った選手は、先輩後輩の厳しさが露骨に現れます。最近でこそその関係性は緩和されていますが、基本的な上下関係は変わりません。


社会人でもまだよく分からない風習を保っている会社があったりしますが、自分の年齢が相手より上であっても、相手の社歴が自分よりも長い場合は皆先輩で、基本的に敬語を使わなければなりません。これは芸能界も同じでしょう。


ただ、ユース出身の選手は実は敬語を話す風習がありません。少なくともガンバ大阪ユースは敬語を話したり話しかけられたりすることはありませんでした。


集団生活(協調性)


チーム行動。試合会場まで電車で移動する場合は、席に座るな、荷物を端に寄せろ、話し声は小さく、食べ物を食べるな、など色んな要求を強いられるかもしれません。


しかし、そのように場面場面で必要なマナーや礼儀は必ず存在し、適応する能力を高めていかねばなりません。


1人の人間として、好き勝手やっていてはいずれ周囲から呆れられることになるでしょう。その勝手が正しい方向でなければです。


サッカーマナーを正しく学んでモテろ

あなたはモテたいと思いますか?
サッカーをする格好を観てもらって、「サッカーをしているあなたの姿に惚れました」と言われたいですか?


そんなあなたは、まずサッカーをする前に正しいマナーを学びましょう。

image
出典:http://www.medicarelife.com/


サッカーを観て惚れてもらったとしても、あなたの普段のマナーが悪ければ、それだけで一気に相手の気持ちが冷めることがあるかもしれません。


逆にマナーが良ければ、例えサッカーぎ下手だとしてもモテる可能性も十分にあります。


サッカーをしてモテるか、サッカーをせずにモテるか、どっちも得て1人の男としてモテてください。


なんやかんやで続いているNEWJIのDreaming Football

かれこれ今月末でこのDreaming Footballも2年目を終え、次は3年目に突入することになります。この2年間で得たものはかなり多いです。


その中でも一番嬉しいことは、少なからずこのコンテンツに目を通していただいている読者の皆様がいることです。


NEWJIはサッカーをしている(応援している)皆様にとって、必要とされるツールに成長したいと思います。


・サッカーがうまくなりたい
・サッカーを好きになりたい
・サッカーでお金を稼ぎたい
・サッカーで海外へ飛びたい
・サッカーで大感激したい etc…


色んなサッカーに対する欲求があるでしょう。そんな時にNEWJIを一つのツールとして活用していただくことで、皆様の本当に得たかったものを得られるようにしていきます。


そんな気持ちで2018年のロシアワールドカップを目指しています。NEWJIも2018年に向けて皆様と一緒に戦っているのです。


皆様の心に存在する理想のサッカーにたどり着けるように、サッカー環境を整えていきます。


では最後に先月のアクセスを開示したいと思います。

image


増えましたね。グイグイと。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です