家長昭博の活かし方を間違えた日本サッカー界



家長昭博。巷では本田圭佑と同じ誕生日でよく知られており、サッカー素人の中では、現在どのクラブに所属しているのかさえも分かっていない人がいるかもしれません。ちなみに答えは大宮アルディージャです。


サッカー素人でも本田圭佑は知ってるでしょう。しかし、家長昭博が誰か分からない人が多いかもしれません。


家長昭博が16歳だった当時は、その頃全盛期を迎えていた中村俊輔(今でもFKは健在)を超える逸材として、育成年代の中では飛び切りの注目を浴びていました。彼が歩んだ16歳以降の道は、果たして日本サッカー界にとってプラスとなっているのでしょうか。


家長昭博という逸材を、活かすも殺すも「個人の努力」の他に、周りが与えた環境による影響がとても大きかったような気がしてなりません。今、本田圭佑の代わりに日本代表の中心に彼がいても何らおかしくはありません。むしろ、逸材の扱い方が正しければ、本田圭佑よりも遥か偉大な選手になっていて、ミランの背番号10番を背負っていたと思います。


家長昭博とはどんな選手なのか


家長昭博は1986年6月13日生まれのレフティーで、地元の長岡京市の長岡京サッカースポーツ少年団でサッカーを始めました。


ガンバ大阪ジュニアユースに入団し、期待のエースとして活躍。この当時、本田圭佑とはチームメイトとして一緒にプレーしていました。ガンバ大阪ユースではガンバ史上最高傑作として活躍し、高校2年時にトップチームへ昇格、高校3年時には完全にユースを卒業し、2004年7月にガンバ大阪とプロ契約を結びました。


日本サッカーのアンダー代表でも中心として活躍した家長昭博。世界と真剣勝負で戦った2005年のワールドユース大会でも、群を抜いて1人だけワールドクラスに溶け込んで実力を発揮していたのが印象的です。オシムがA代表の監督に就任した時には、この逸材を代表に呼びました。


しかし、その後は彼に待ち受けていたことは、日本サッカー界にとって大変残念な出来事であり、彼自身のサッカー人生にブレーキをかけてしまうことになるのです。


日本サッカー界のことを考えない起用の仕方


彼がプロ選手として本格的に輝きだした2005年、当時ガンバ大阪を指揮していたのは西野朗(現名古屋グランパス監督)氏でした。西野監督の練習や采配の決め手は必勝パターンを如何に安定して出し続けるか。要するに勝った試合のリズム(メンバーや入り方)を如何に崩さずに次の試合に臨めるか。


ガンバ大阪は2005年、クラブ史上初のシーズン優勝を果たし、その起用方法や練習内容が、あたかもいい風に評価されていたかもしれません。結果が求められる厳しい世界ではあるものの、当時の家長昭博はワールドユースも経験し、MVPのメッシを目の当たりにし、自分に足りないことや、やるべきことを整理していたはずです。


自分はもっとこうしたい、こうするべきだ、そう思ったことをフィールドで表現しようとすればするほど、ガンバ大阪のサッカー(西野マジック)ではお邪魔虫扱いされたのかもしれません。それが積み重なり、家長昭博と西野朗の確執説が浮上したのでしょう。


家長昭博を中心にチームを作ることで、彼が絶対的な成功体験を手中にし、より高いレベルへクラブ・個人が挑戦できていたかもしれません。


プレーする場所がそもそも違っていた


家長昭博の印象はドリブラーと答える人が多いのではないでしょうか。特にサイドを切り崩し、クロスを上げチャンスを演出する。これはまさしく2005ワールドユースで起用されたポジションであり、2005ガンバ大阪で起用されたポジションが印象的だからでしょう。


しかし、かれは元々持って生まれた「得点能力」があることを知っている人はどれだけいるのでしょうか。本田圭佑がミランでFWをしてから一時的に騒ぎ立てられたような次元ではありません。


そもそも、オランダ代表でいうオーフェルマウスみたいな使い方よりも、それこそアルゼンチン代表のメッシやフランス代表のアンリ、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドみたいな使い方をした方が日本サッカーにとって最善であったような気がします。


ウイニングイレブンをやっている人には上記の意味が分かるかもしれませんが、誰もが家長昭博をトップ下やウイング、サイドで使いたがるのは分かります。


しかし彼の本当の能力である
・得点力(生まれつきの能力)
・レフティー(天性の才能)
・足が速い(競輪並みの太もも)
・キープ力(ケツと重心)
・突破力(ドリブラー)
・視野の広さ(ゴールを狙う姿勢)
を考えると、完全にアルゼンチン代表のメッシと同じような起用をするべきでした。


メッシはバルセロナでセンターフォワードやスリートップの右でプレーしています。そもそも家長昭博がいるべきポジションは、メッシがいるようなポジションであるべきで、代表でも家長昭博のセンターフォワードを見てみたいのが正直なところです。


アギーレ監督にもしも続投の号令が出された場合、日本サッカー界は「逸材」の完全復活(代表復帰)を考えるべきです。水を得た魚のように、彼に今の代表の本田圭佑のポジションを与えて、「得点を期待している」と送り出せば、日本サッカーの未来が変わるかもしれません。
※アギーレ監督との契約は解除され現在はハリルホジッチが監督。


こちらの記事では、現日本代表である宇佐美貴史が見た「家長昭博」について書かれています。

このインタビューの続きはこちら↓

ジュニアサッカーを応援しよう 2015年 10月号 (DVD付)

新品価格
¥1,320から
(2015/10/9 16:38時点)


今回は家長昭博の逸材を題材にしましたが、まだまだ日本サッカー界は逸材を全く活かしきれていない状況だと思います。その選手が本当に輝くには、どう言う選択肢を与え、どう言う道を示してあげるか、時に本人も気付いていない場合も当然あります。逸材を扱うには10年先の活躍までを考える必要があるかもしれません。

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です