サッカーは心でプレーするものと信じた16歳の少年の話


アギーレ監督の解任が報じられ、アディーレ法律事務所が取材に対して正式にコメントしています。

サッカー日本代表監督の突然の解任を受けてアディーレ法律事務所がコメント「こんなに早くお別れの時が来るとは」

アギーレの後任は誰か、そんなことが世間で言われている最中、全く関係のないことを書きます。

あれは確か16歳の夏やったような気がします…。

黄色い声援はサッカーに必要ではないと信じていた

16歳と言えば高校生になりたてです。中学生とはまた違った環境になり、サッカーでもプレーのスピードや質、フィジカルの違いを感じ始める年齢です。

特に上の選手を見ると、とてつもなく大きくて、大人びていて、オシャレで、ムカつくほどカッコイイ、そんな先輩たちにいろんな感情が生まれる頃かもしれません。

さらに、なんやかんやでウブな年齢である16歳に対し、先輩たちがつい数年前まで自分の立場と同じであったのにも関わらず、その短期間で世の中の全てを悟ったような口調でプライベートなことを話し始めるのです。意気揚々とロッカールームに響き渡る声。

先輩「今日は彼女と 〜中略〜 やねん、ガハハハハハ」

そんな話を聞いていると、サッカーの練習では真剣な先輩も、なんだか追いつけ追い越せそうな気になりました。

なぜか。
それは自分がとにかくサッカーだけを考えてプライベートでもサッカーのことを考えていたからでしょう。

しかし、どこかで自分には縁のない話を羨ましくも感じ、なぜか不戦のまま敗退したような気分にもなっていました。とにかく、負けを認めたくなかった自分は「サッカーに黄色い声援はいらない」そう思いながら毎日を過ごしていたのです。

そんな想いを信じていたものの、だんだん新しいサッカーの環境に慣れ始めた頃、サッカーとプライベートのバランスも上手く取れるようになり、ついにはフィールドを一歩外に出た時から、常に黄色い声援をさがし求めていたのです。

サッカーで勝てたとしても不甲斐なさがどうしても残った

サッカーへの熱い気持ちは常に自分の中で保っていました。どこからともなく日々湧き上がってくるサッカーへの想い。まさしくその想いは本物でした。

そんな気持ちとは相反し、サッカーのプレーと男前では敵がいないと言われるぐらいの先輩がいました。その先輩はモチベーションや向上心を前面に出すタイプではありませんでした。

そしていつしか徐々にサッカー界から堕落していく姿を目の当たりにしました。

その時自分の心の中では、ついにあの先輩を越えたかもしれない、そう感じることができたのです。

とは言っても、何をするわけでもなく勝手に練習や試合で顔を見せなくなった先輩に対し、ただただ熱い気持ちとサッカーへの愛だけで戦っていた自分は、どことなく勝利と言う結果に不甲斐の無さを感じていたのです。

自分の中ではちょっとした優越感に浸っていたのも事実です。

「やっぱり俺にはサッカーがあればそれでええねや」

自分が信じてきたことを、自分が向かっていた目標を、自分で信じるしかありませんでした。そして、相も変わらずひたすらサッカーと向き合う日々を過ごしていたのです。

…そしてある日のこと…。

久々に顔を出した男前先輩が練習にやってきたのです。そして、これまでちょっと休んでいたことが、全く嘘のようなボールさばき、独特のサッカー感、さらには光る汗、全てが輝いていました。自分では追いつきたくても追いつけない先輩でした。

練習後、彼は自動販売機の前でいちいち男前に飲料水(炭酸系)を飲んでいました。それを横目にしていた自分は「飲料水(炭酸系)なんて飲んで、どこまで身体のこと考えてへんねん」とストイックに反抗していたのです。

すると、どこからともなく現れた黄色い声援たちは、男前先輩に「きゃ〜、写真いいですか〜♡」なんて言葉をかけて、満面の笑みでレンズに顔を作っていたのです。

自分「黄色い声援たちは分かっていない。練習にも来ないような人に、なぜ喰いつくんや…」

そして、自分は黄色い声援たちが去った後の男前先輩にこう言い放ったのです。

自分「サッカーは顔でするんやない。」

完全に負け犬の遠吠えでした。

サッカー(顔)で負けたら、サッカー(プレー)で返すのみ

時が経ち、自分が憧れていた大人びた先輩たちは卒業し、自分が最上級生となり後輩たちができました。

その頃、同期で最後までチームメイトとして同じ釜の飯を喰うたのは8人。

これまでずっと一緒に過ごしてきた中で、誰がどんな黄色い声援を得ていたかも周知のこと、大体チームメイトはお互いに分かっていたのです。

どんな状況でも18歳の自分はサッカーへの情熱だけは、やっぱり誰にも負けないと自負していました。

しかし、プライベートではそうはいきませんでした。アタックしては破れ、アタックしては煙たがれ、ついに手にした黄色い声援に至っては、自分のためにサッカーの応援に来たその日に、他のチームメイトに心を奪われてしまう結末。束の間の2週間で天国と地獄を味わうことになるのです。そんな時は決まって福山雅治の桜坂を聞きながらチームメイトの前で涙しました。

そして、卒業も間もない頃、自分と同じく全く黄色い声援の欠片もなかったチームメイトに、ある日突然ファンレターが届いたのです。

他のチームメイトにはファンレターはよく来ていました。ただ、もう一人と自分には悲しいかな一通も来てはいませんでした。

もう一人は照れ臭そうにファンレターをカバンになおし、チームメイトからも祝福と言う名のちょっかいを受けて非常に嬉しそうでした。

その状況を見ていた後輩が耳元で自分に囁いたのです。

後輩「僕の姉にファンレター書いてもらいましょうか?」

あの時の悔しさは忘れることができません。自分はサッカーだけでいいと思いながらも、やっぱり黄色い声援を、なんだかんだで求めていたことに気付いたのです。

この悔しさはサッカーで返す!
そう心に決めた自分は、何年もの月日が経ち、フィールドでは返すことができませんでしたが、こうして進化系サッカーメディアNEWJIという形で返す時がやってきました。

中学、高校生の諸君へ告ぐ。
「サッカーは心でプレーするもので、決して顔でするものではない。」

こんな負け犬の遠吠えみたいなことを言う自分のようには決してならず、どんな場所でもどんな時でもどんな状況でも、全てを全力で戦って欲しいと想います。

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です