秘技!ハッピーターン!

guessthenation

昔から国名の国旗を当てることが得意です。なんでか?それはスーパーファミコンなどで、サッカーゲームをやってた中学時代、国旗でどの国のチームを選択して遊ぶかやったんで、自然と頭に入っているのです。

このguessthenationっていうサイトは海外のサイトですが、サッカーの国別ユニフォーム画像が出てきて、それはどこの国や!?って当てるサイト。当たったらゴールシーン映像が流れたりと、なかなかナイス発想なサイトです。

外人の発想っておもろいよね。日本人に無い発想をしてるなぁって感じる時が多い気がします!アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何物でもないとか言われたりするけど、その組み合わせ方が斬新なんよね。

ほんま、サッカーで言うなら、「クライフターン」とか「マルセイユルーレット」とか「ヒールリフト」とか。今までなかったもんを新たに生み出す!そんなオモローなことはない。

余談ですが「ヒールリフト」って日系のブラジル人が昔ブラジルリーグで初めてやったらしい。(某テレビより)そうなんや。

今でこそ、キャプテン翼の大空翼であったり、かっとび一斗の一斗君とか、シュートの平松和広とか。漫画ではみかけるけど、実際の試合でやるやつなんて、元トルコ代表でヴィッセル神戸に在籍したイルハンぐらいしか思いつかへん。

キャプテン翼 (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

 

かっとび一斗 第1巻 (少年ジャンプコミックス)

ちょっと話が脱線してもたけど、海外と日本の違いって色々あるけれども、いつも日本で生活して日本人と話してたら、なかなか日本と世界の違いとか、そもそも日本の良さすらも見えてこーへんのが現状ですよね。

まぁ大阪人のワタシが東京で暮らしてると、久々に大阪帰った時に、なんじゃこれ!全員大阪弁かい!って思うのと同じで、当たり前のことが新鮮に感じたり、そもそもそういう当たり前のことに気が付かへんかったり。そんな経験ありまえんか?笑

「世界との差」ってサッカー選手はみんなよく言うけど、Jリーグで実際に世界を意識してプレーしてる選手って何人おんねやろか。そもそも育成年代の時から世界を意識してる選手って何人おんねやろか。

島国日本で生活してたら海外のことなんて分からん!って言うのは、もはや昔のこと!今なんて、世界の真裏でもあるブラジルのサッカーを生放送でみれたり、ネイマールのつぶやきを見れたりする時代やで!笑。

冷静に考えたらすごいよね。不可能はないねん。探してへんとか、探す機会とか、そもそもそんな発想すらないだけやと思うねん。

よし、そこまで言うんやったら、ほんなら日本から世界に発信したろやないかい!って思いついたのが、3分前の出来事。

てことで、「NEWJI」から世界へ発信する「NEWJIターン」プロジェクトを立ち上げます!なんやそれ!分かりません!新しいフェントと言うか、突破策をひたすら考え、配信するプロジェクトになります。

世界のどこかで少年たちが「NEWJIターンじゃい!」って言うてたら、いいなぁっていうお話でした。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です