今サッカー界で話題のフットパスとは、NEWJIが目指すべきものでもある


フットパスがアカデミー指導者の中で話題にならないことはない。

なぜなら、15年秋頃にJFA、Jリーグの協働事業であるJJP(JFA/J.League Cooperative Development Programme)の事業として、浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、名古屋グランパス、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島を対象に先行導入した育成組織を評価するシステムであり、ダブルパス社によってオーディット(監査)が実施されたからだ。

そして、最近報道された中では、上記以外のクラブを含めたJ1およびJ2の計40クラブのフットパス平均値が、欧州のトップレベルのクラブを100点とした場合、25点だったことがわかったのである。とりわけ、「個の育成」の項目が最も低い評価となったようだ。

クラブごとの詳細な数値は公開していないとのことだが、その数値だけをみると、これまでのアカデミー(いわゆる育成年代)の指導者や育成指導、クラブの考え方が如何に低いレベルであったのかと疑いたくなる。

実際に細かい内容で300近い質問事項に一つ一つ回答する上で、答えに詰まってしまう現状をクラブの代表が身をもって感じたのではないだろうか。

年間最大予算200万(2015年100万円、2016年160万円、2017年180万円、2018年190万円)で、これまでの育成指導にメスが入ったことは、勉強代として安く上がったのではないだろうか。

評価が低いということはまだ伸びしろがあるということ。

などと、のんきなことを言ってられる場合ではないし、そもそも関係社外秘である資料が流出している時点で、ずさんな管理が見受けられる。


JFA/Jリーグ協働事業(JJP)の事業・支援概要


ダブルパス社とは

ブリュッセル大学(VUB)のスピンオフ企業として2004年に設立されたダブルパス社は、設立してすぐにスポーツとサッカーの才能開発の国際基準となった。

世界各地で活動している約60人で構成されており、彼らはクラブ、連盟、リーグを支援して、育成年代であるアカデミーを中心として最適化し、最終的にはサッカー選手の可能性を最大限に引き出すような支援をしている。


ダブルパス社の概要

ダブルパス社の公式ページでは以下のようにJJPとの契約が発表されている。


We are pleased to announce that the JJP programme (a collaboration between the J-League and the JFA) will continue to make use of the services of double pass for the next two seasons.

Our partnership started in 2015 by an assessment of 40 J-League 1 and 2 clubs (as well as the JFA Academy).

Following the newly signed agreement for 2017 and 2018, double pass will now work closely together with all J1 and J2 clubs in helping them to optimise the processes of their academies.

All Academy Managers and Heads of Coaching will be brought together in a tailor made Master Class for Academy Management. And all clubs will also receive individualised advice in their own venues by our experts, i.e. by supporting their staff to put each club’s specific football plan in action.

On the other hand J-League 3 clubs will also be assessed.

We as double pass are convinced that Japanese football will continue to grow and are proud to be able to contribute to it.

出典:https://www.doublepass.com/

また、ダブルパス社の中には日本人も在籍しているようだ。Naomi Noda氏、Osamu Akasaka氏、Yuki Stalph氏が、今回の契約に尽力を尽くしたのは間違いない。


フットパスとは

ダブルパス社のコア製品の一つであるのがフットパスだ。そのフットパスだが、各国で実績がある。

ドイツのブンデスリーガでは、プロクラブのアカデミーに対し、独立したオーディットと改善支援を実施している。今後のドイツサッカー全体の発展にとって、重要な要素と考えられている。

また、フットパスはドイツで6年以上使用されており、アカデミーだけでなく、そのクラブ全体の発展の可能性が高まっているようだ。

イングランドでは、プレミアリーグとその下部リーグは、すべてのプロクラブのアカデミーの独立した監査を行うためにダブルパス社を任命した。

ベルギーとフィンランドでは、アマチュアクラブに育成アカデミーの組織について助言するために、やはりダブルパス社のサービスを使用している。

PASSモデルに基づいて、最近欧州のクラブ協会(ECA)の国際調査が実施され、ヨーロッパでの若者の育成を試みた最も包括的な分析が行われたようだ。

マサチューセッツ・サマー(DFB)前テクニカルディレクターは次のように説明しています。


フットパスは、関連性と客観的基準に基づく質の高い測定であり、クラブのアカデミー選手開発システムの強みと弱みを明確に示しています。品質と運営を改善するためのガイドラインとサポートを提供しています。

NEWJIも本格的に育成年代サッカーサポートシステムを作るしかないのだろうか。

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です