中国奮闘記、そしてサッカーとの出会い④

上海に戻りました( ̄^ ̄)ゞ
田舎でも人が多いが、上海は更に多い。そして東京は嫌気がさす程多すぎる。一番ええのは大阪かもしれない。んなこたない。

皆さんこんにちこんばんは。「進化系サッカーメディアNEWJI」の立案者ryujinです。日本サッカー界の底上げのため、WEBとマーケティングを駆使し、あらゆる角度からサッカーネタを配信しています。

中国では、1日24時間、常にサッカー番組が放送されてます。チャンネル数が多いと言われるとそれまでですが、いつでも欧州リーグと中国超級リーグが見れるのです。

また、上海は勿論、田舎の学校であっても、グラウンドは人工芝であり、平日休日問わずサッカーをプレーしている人が多いのです。

ワタクシの統計では中国人にはマンチェスターユナイテッドファンが多いような気がします。

さて、闇でサッカー熱が高い中国ですが、ワタクシの記憶ではJリーグ開幕当時、ガンバ大阪に所属していた「賈秀全」以来、中国人Jリーガーは現れていないような気がします。

と言うより、そんなことには全く興味も無かったので、調べたことがありませんし、調べるつもりもありません。

どっかのJリーグクラブが単発でもいいので中国市場を開拓するために、戦略的に中国人を獲得することはないのでしょうか。

スポンサーとの二個一で選手を獲得し、チャイナ市場にグッズや諸々権利の販売チャネルを広げてみてはいかがでしょうか。

まぁ本腰入れて誰もやらんと思うから、要り様であれば、お申し付け下さい。※中国超級リーグの上海申花に限りますが…

その上海申花のホームスタジアムですが、市内から電車で約20分ぐらいの場所にあります。
IMG_8700-0.JPG

夜になると、上海人のオバちゃんたちがスタジアム周辺を後ろ向きに歩いたりして、健康を維持しているのです。立ち寄る際は是非ご覧あれ!

そして、スタジアム周辺には、サッカーショップや中華料理屋さん、魯迅公園などがあり、環境はなかなかよかったりもします。
IMG_8699-0.JPG

さすがに平日と言うことで、試合はしていませんでしたが、中を覗くことができました。
IMG_8701-0.JPG

おぉー、身体と心が神聖なるピッチを見ただけで高まり始めました。

やっぱサッカースタジアムはええなぁ〜って思っていたところ、中から「パコーン!パコーン!」と音がします。

ん?

なんや?

よく見てみると…

IMG_8702-1.JPG

むむむ!

さらに拡大してみると…

IMG_8702-2.JPG

ゴルフきたーーーーー((((;゚Д゚)))))))

なんてフリーダムな国や!
いくら試合が休みとは言え、神聖なピッチをゴルフの打ちっ放しにしているではありませんか!!

こんなチャイナドリームの街、上海ですが、ワタクシにとっては思い入れのある街なんです。
IMG_8704-0.JPG
2014年9月4日の上海/曇り

今から14年前のミレニアムを迎える大晦日。皆でカウントダウンをしようと、大阪城まで真冬の寒い中、ミサイル問題を気にしながらもカウントダウンを楽しんでいました。

当時チームメイトであった選手らと一緒だったような気がします。

年明けの1月2日から皆で上海遠征でしたが、2000年のミレニアムは一生に一度しか経験できないと言うこともあり、体調管理も意識していましたが、ワタクシやってしまいました。

上海についた時には既に39度の高熱。風邪の状態で遠征に参加することになったのです。勿論、最初は試合に出ることは出来ませんでした。

しかしその後、当時2人部屋のルームメイトでに、ちゃっかり風邪をうつした挙句、ピンピンに戻った自分は試合に出ることができたのです。

ルームメイトはベッドで寝ていましたとさ…笑

そんなこともありましたが、初の海外渡航が上海であり、サッカーで訪れた街が上海なんですYO!

最後に、こちらで締めさせてもらいましょう!

なんて日だ!
IMG_8706-1.JPG

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です