メニュー 閉じる

サッカーとIT業界の融合—久保建英が魅せるポゼッションサッカーとデータ分析の重要性

サッカーへの関わり方が異なる3人が、話題のニュースについて本音で語り合いました。

立場の違いから生まれる発見や共感、スポーツを通して見えてくる人生の機微。
ピッチで繰り広げられるドラマが、私たちに問いかけるものとは。

情熱と冷静さが交錯する3人の対話から、大きな反響を呼ぶ今のニュースについて、垣根を越えてサッカーの奥深さと魅力に迫ります。

遠藤さん サッカーの育成現場指導者として最前線に立つ元プロサッカー選手。
生田さん IT企業を経営する現役サッカー選手。1年に1度だけプレー。
櫻井さん サッカーに興味を持つ人と話すことが好きなサッカー素人女性。

生田:生田:いやあ、久保建英のプレー、見ましたか?あのフリックからの一連のパスワーク、まさに教科書に載せたいくらいの美しさですね。

遠藤:遠藤:もちろん見たよ。あのプレーはポゼッションサッカーの醍醐味が全て詰まっていたね。特に久保のワンタッチフリックは、相手のプレスを完全に無力化していた。

櫻井:櫻井:私も映像で見ました。久保選手のフリックがすごく印象に残っているんですが、ポゼッションの要点って何なんですか?

遠藤:遠藤:ポゼッションの要点はまず、ボールを持つことで試合の主導権を握ること。そして、相手の体力を消耗させることにあるんだ。相手を動かし続けることで隙を作り出す。

生田:生田:そう、IT業界で例えるなら、データの独占だな。データを持っている人が強い。だからこそ、ボールを持っているチームが主導権を握るんだ。

櫻井:櫻井:なるほど。確かにデータを持つ企業が強いのと同じですね。でも、実際にあのレベルでプレーするのはどれだけ大変なんですか?

遠藤:遠藤:非常に難しいよ。高度な技術だけでなく、チーム全体の連携が必要だからね。一瞬の判断力やポジショニングも求められる。

生田:生田:さらに、テクノロジーの進化によって分析ツールが進歩しているので、そのような統計データを利用して作戦を立てることも可能になってきたんだ。これも現代サッカーの面白いところだよね。

櫻井:櫻井:それって具体的にはどういうことですか?データを使ってどんな作戦を立てるんですか?

遠藤:遠藤:例えば、相手チームの苦手なゾーンや選手の動きをデータで分析して、そこを狙うんだ。ソシエダの試合でも、ヴェルディのプレスの弱点を突いていたよね。

生田:生田:うん、まさにその通り。IT業界でも、どの時間帯にどのユーザーがアクセスしているかを分析して、その時間に合わせて広告を出すような戦略も取るし、サッカーにも通じる部分が多いね。

櫻井:櫻井:だからこそ、データ分析が重要なんですね。実際、試合中にどれだけデータが活用されているのか気になります。

遠藤:遠藤:試合中はコーチングスタッフがリアルタイムでデータを監視して、ベンチにいる選手にもフィードバックしているよ。それが試合の流れを変える一助になるんだ。

生田:生田:本当にその通り。サッカーもデータで動かす時代に突入しているんだね。技術と戦術、そしてデータの融合が鍵だと思うよ。

櫻井:櫻井:ますますサッカーの奥深さに魅了されますね。これからも久保建英選手のプレーやポゼッションサッカーに注目していきたいです。

遠藤:遠藤:そうだね、久保選手も今後どんどん成長するだろうし、ますます楽しみな存在だよ。生田も業界の最新動向を追い続けて、また色んな話を聞かせてね。

生田:生田:もちろんさ。サッカーとテクノロジーの新しい形が見つかるかもしれないね。それじゃ、今後もお互いに情報交換していこう。

遠藤さん、生田さん、櫻井さん、素晴らしい対談でしたね。
サッカーに関わるそれぞれの立場からの意見交換は、本当に興味深いものでした。

F.C.NEWJIは、2020年に設立された革新的な仮想サッカークラブです。

世界一を目指す大志のもと、選手とサポーターが一体となって新しいライフスタイルを提案し、サッカーカルチャーを創造しています。

伝統的な枠にとらわれない革新的なデザインや、選手の日常アイテムの開発にも力を入れ、サッカーとライフスタイルの融合を目指しています。

F.C.NEWJIの挑戦は始まったばかりですが、情熱を注ぐすべての人々とともに新しい時代のサッカーシーンを切り拓いていくでしょう。

次回の対談では、F.C.NEWJIの取り組みについてさらに深く掘り下げていきます。ぜひご期待ください!

こちらもおすすめ