メニュー 閉じる

関東高校サッカー大会初出場で初優勝!大成高と明秀日立高の優秀選手たちの輝き

サッカーへの関わり方が異なる3人が、話題のニュースについて本音で語り合いました。

立場の違いから生まれる発見や共感、スポーツを通して見えてくる人生の機微。
ピッチで繰り広げられるドラマが、私たちに問いかけるものとは。

情熱と冷静さが交錯する3人の対話から、大きな反響を呼ぶ今のニュースについて、垣根を越えてサッカーの奥深さと魅力に迫ります。

遠藤さん サッカーの育成現場指導者として最前線に立つ元プロサッカー選手。
生田さん IT企業を経営する現役サッカー選手。1年に1度だけプレー。
櫻井さん サッカーに興味を持つ人と話すことが好きなサッカー素人女性。

生田:生田:関東高校大会の優秀選手が発表されたね。初出場で初優勝を果たした大成高からは7人も選ばれてる。これはすごいことだよ。

遠藤:遠藤:本当にそうだ。特にキャプテンの小池汐生はディフェンダーとしてチームをしっかりと統率した成果だね。ディフェンスラインの安定はチームの基盤だからね。

櫻井:櫻井:お二人とも、この大会での初出場・初優勝ってどういう意味を持つのか教えていただけますか?すごく珍しいことなんでしょうか?

生田:生田:初出場での初優勝は本当に珍しいことだよ。通常は経験やプレッシャーに対応するために何度か大会に参加する必要があるからね。IT業界でも新しいプロジェクトで初めて成功するのはかなり難しいんだ。

遠藤:遠藤:サッカーでも同じだ。特に若い選手たちが集まる高校サッカーでは、一度成功を掴むとそれが大きな自信になる。小池キャプテンのようなリーダーシップが大きな要素だ。

櫻井:櫻井:なるほど、リーダーシップが重要なんですね。でもサッカーにおけるリーダーシップって具体的にはどんなものなんですか?

遠藤:遠藤:ピッチ上での指示や励ましだけじゃなく、試合前の準備やトレーニング中の姿勢も含まれる。全員がそれを見習ってまとまると、チームの力は一層高まるんだ。

生田:生田:ITのプロジェクトマネージャーにも似た役割があるね。進捗管理やチームのモチベーションを維持することが求められる。だから、小池選手の価値は計り知れない。

櫻井:櫻井:確かに、どんな分野でもリーダーシップは大事ですね。ちなみに、今回の準優勝チームの明秀日立高の選手たちも5人選ばれてますけど、これはどう評価されるんですか?

遠藤:遠藤:明秀日立高も非常に強いチームだ。特にMF竹花龍生キャプテンは中盤の要として、攻守のバランスをとる役割を果たしていた。彼らも来年はさらに強くなるだろうね。

生田:生田:そうだね。中盤の選手がしっかりしていると、チーム全体のプレーが安定するから。ITで言うと、システムの基盤をしっかり作るようなものだよ。

櫻井:櫻井:具体的にはどんなプレーが目立ったんでしょうか?竹花選手の特別な技術とかありますか?

遠藤:遠藤:竹花選手は視野の広さと正確なパスが特長だね。彼のパス一本でチーム全体が有利な状況に立つことができるんだ。それが中盤のキープレイヤーの魅力だよ。

生田:生田:その通り。例えば、システムエンジニアリングで一つの効率的なアルゴリズムがプロジェクト全体の進行を加速させるようなものだ。彼のプレーはまさにそれだね。

櫻井:櫻井:すごい、サッカーって本当に奥深いですね。優秀選手に選ばれた選手たちが、プロとして活躍する未来が楽しみです。

遠藤:遠藤:今回のような大会で評価されることは大きな第一歩だね。これからの成長が本当に楽しみだよ。

遠藤さん、生田さん、櫻井さん、素晴らしい対談でしたね。
サッカーに関わるそれぞれの立場からの意見交換は、本当に興味深いものでした。

F.C.NEWJIは、2020年に設立された革新的な仮想サッカークラブです。

世界一を目指す大志のもと、選手とサポーターが一体となって新しいライフスタイルを提案し、サッカーカルチャーを創造しています。

伝統的な枠にとらわれない革新的なデザインや、選手の日常アイテムの開発にも力を入れ、サッカーとライフスタイルの融合を目指しています。

F.C.NEWJIの挑戦は始まったばかりですが、情熱を注ぐすべての人々とともに新しい時代のサッカーシーンを切り拓いていくでしょう。

次回の対談では、F.C.NEWJIの取り組みについてさらに深く掘り下げていきます。ぜひご期待ください!

こちらもおすすめ