本田圭佑の自信過剰は如何にして…

成功するなら「自意識過剰」くらいがいい。アリババ創業者ジャック・マー氏が、創業当時の自宅で行った伝説のスピーチ

自信過剰な人って、周りにいますよね。ワタクシもよく根拠のないその自信はどこからくんの?って言われたりします。自信過剰が有言実行となるか、大口を叩いたと罵られるか。成功したいなら、失敗を恐れることなく、自信過剰になることも必要ではないかと。

皆さんこんにちこんばんは。「進化系サッカーメディアNEWJI」の立案者ryujinです。日本サッカー界の底上げのため、WEBとマーケティングを駆使し、あらゆる角度からサッカーネタを配信しています。

かつて日本のサッカー界で、ここまで大口を叩く選手がいたんでしょうか。言葉に語弊があるかもしれませんが、ワタクシ個人の目にはそう映っております。

自分を戒めれば戒める程、成功した時は有言実行ともてはやされ昇天した気分になる。失敗した時はビッグマウスと言われ、メディアや世間からも叩かれる。

IMG_8987.JPG
写真:日本サッカー協会

本田圭佑。最近何かと彼を取り上げることが多いです。彼の自信過剰な態度が大好きです。しかし、ワタクシ個人の意見としては、彼は「本田圭佑にフリーキックを蹴らせるな」でも述べた通り、サッカーがうまいとは思えません。

身体の使い方(特に強さ)に関しては超ど級の世界レベルに到達していますが、サッカーセンスだけを見ると、大学生に毛が生えたようなもんだと感じています。一緒にプレーしたことがないので確信は持てませんが、ACミランの10番を背負うだけの器はないかもしれません。

しかし、実際のところACミランの背番号10番を背負っているのは紛れもなく、本田圭佑。彼のビッグマウスには毎回驚かされますが、どういう形であれ結果を残している選手として高い評価が得られているのかもしれません。

ガンバ大阪のジュニアユース時代から特にうまい選手ではなかったが、兎に角、同年代でよく比較される家長昭博よりも口だけは達者で強気であった彼は、今や日本代表を牽引する中心メンバーの一人。

自信過剰も正しい自信過剰であれば、本田圭佑のように成果や結果を生み出せるのではないだろうかということ。

では、正しい自信過剰とは…

① 絶対に負けられない戦いを人生が終わるまで続ける
要するに、成功するためには諦めるなってことです。

② とにかくデカい目標を掲げる
有名ですよね。なんちゅう目標や!

ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。
そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そして レギュラーになって 10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り 世界中の人がこの僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは 日本に帰り ミーティングをし 10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし 2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の競ごうをうまくかわし いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。

引用:本田圭佑小学校卒業文集より

③ 失敗を早い段階で多く経験する
ガンバ大阪ジュニアユースからガンバ大阪ユースに上がれなかった彼と、当時中村俊輔以上と言われた家長昭博。失敗や挫折を経験することが成功への近道ではないかなと。※ワタクシはサッカー選手として家長昭博の方が1000倍好きです。

④ ちっちゃいことは気にしない、ワカチコ精神
要するに、周りを気にしてたらブレーキばっかりかかって、アクセル踏めへんってこと。
こんなネタでお笑い界に人生をかけて勝負する人、すごいと思う。今やFC東京応援テレビのパーソナリティの横の人
IMG_8988.JPG
写真:http://m.blogs.yahoo.co.jp/tsubaki163163163/4931793.html

⑤ 勇気あるのみ。
最初の一歩だけ。かつてない度胸がいるけれども、その一歩さえ踏み込めば、後はやるのみ。

アリババ創業者のジャック・マー氏は、きっと本田圭佑よりも自信過剰やったんでしょうね。

みなさん、目を閉じてください。ワールドカップ出場を手にするかどうか、6万人の大歓声の中の後半アディッショナルタイム、PKスポットに置かれた目の前にあるボールをGKが構えているど真ん中に蹴ってみることを想像してみてください。

蹴ると決めた、その覚悟。そして蹴るために踏み出した大きな第一歩、ボールを蹴るインパクトの瞬間まで自分を信じることができた人は、既に自信過剰です。

実際は9割の人ができひんと思います。本田圭佑恐るべし。本田圭佑ナイスガイ。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です