どうしてる?サッカー情報の集め方

本ブログはNEWJIと言うサッカーメディアを創るスタッフによるブログです。ワタクシryujinが書く内容は、世の中で起きていることをサッカーと絡めながら、自分が感じたありのままに書いています。

皆さんこんにちこんばんは。「進化系サッカーメディアNEWJI」の立案者ryujinです。日本サッカー界の底上げのため、WEBとマーケティングを駆使し、あらゆる角度からサッカーネタを配信しています。

本ブログではサッカーメディアNEWJIを作る上でのプロセスも都度公開しており、特にこれといって非公開情報もまだ特にありません。

そんな本ブログですが、昨日の夕暮れ時、某Jリーグクラブのアカデミー関連の仕事をしている旧友に、LINEで数年振りに連絡をしたところ、まさかまさかのNEWJIの存在を既に知っておりました。

Facebook、Twitter、宣伝は特にしてません。しかし、NEWJIがなぜ、サッカー界の末端(ほぼ現場)まで情報が届いているのか。

WEBを使わない形、目には見えない形のリアルな口コミ(噂)の力は、やっぱりすごいなぁと言うことと、サッカー界はやっぱり狭いなぁと言うことを、改めて感じさせてくれました。

彼曰く、サッカー界で働いている限り、そんな情報が回ってくるのは、あたり前田のクラッカーやと。※ちなみに彼はSNSは殆どアカウントを持っていません…ここミソ!

それはそうと、リアルな口コミで得るサッカー情報以外に、サッカー界にドップリ浸かっていない状態で、ワタクシが行っている「サッカー情報取得方法」を勝手に共有したいと思います。

①Google アラート

IMG_0792.JPG

キーワードを設定して、そのキーワードに関連する情報を取得できる。情報を都度取得にすると、アラートが鳴りすぎてウザいかもしれませんので、まとめて1回の配信に設定することをオススメします。

②ニュースアプリ

白ヤギコーポレーション「カメリオ(Kamelio)」
IMG_0787.JPG

テーマが色々あって、「サッカー」と検索するとサッカーテーマが出てくるのでフォロー。所謂、ニュースアプリの一つで、ごく普通のアンテナサイト。

株式会社はてな「Presso: あなたに合わせて記事を届けるソーシャルニュースアプリ」
IMG_0788.JPG

こちらもフィード検索で「サッカー」と検索すると、サッカーフィードが出てきます。元のサイトに飛ぶことができなかったりと、使い勝手が非常に悪いですが、単なる情報取得ツールとして考えると、別にええんかなと。

③サッカーファンのブログ

IMG_0794.JPG

世の中には意外と知られていない情報を配信しているブログがあります。所謂、サッカーファンのブログ。更新度が高いものが良い。

国内Jリーグを含め、世界の主要チームであれば、必ずと言っていいほど熱狂的なファンがいます。彼らはそこらのフリーライターよりも厚い情報が配信されていたりします。

④NEWJI

IMG_0793.JPG

今のところ殆ど進んでません(´・Д・)」
1月9日開幕となると、お尻に火がついていません。何を配信しようかな。って、今更状態です。

ただ、ネタは隠しきれないほど抱えていますので、どれをどう配信するか。ボチボチやりましょう。

以上。TwitterやFacebookなどのSNSは、情報鮮度でいうと圧倒的に新鮮かつ速いのは間違いありませんが、毎回チェックしてるほど暇人ではありません。(平日は毎日本ブログを更新してるが決して暇ではないと自分では思っている…)

上記の方法で大抵のサッカー情報は取得できます。

で、本日はそんな記事を書こうと思いつき、普段は紙媒体に関して全く読むことはありませんが、久々にサッカー雑誌を立ち読みではなく、実際に買ってみようかなと。

IMG_0786.JPG

まぁ、書店からサッカーが追いやられとるわけで、棚にはサッカー関連雑誌の数が以前と比べ圧倒的に減少してました。

しかし、雑誌の世界は、起こった出来事を記事にしたり、インタビューをまとめ上げて記事にしたり、態々写真も格好良く撮ったりして記事にしたりと、手間暇かかるかかる。

それがなんと480円…
昔から立ち読み専門やからなんとも言えへんけど、価格面と労力を考えると、すごい企業努力ですね。

あっぱれ!

カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話

中古価格
¥500から
(2014/10/22 20:13時点)

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です