サッカー界におけるファンとサポーターって違うよね

サッカー界でもどんなスポーツ業界でも、ファンとサポーターの違いってありますよね。けど、その違いがすごく曖昧で、境界線が分からん気がします。どこのチームのサポーターでもない「サッカーファン」をJリーグに連れて行くことは、意外と難しい。

サッカーファンとサポーターの定義

サッカーファンとサポーターの違いは?
一般的に、サッカー好きな人をファン、熱狂的なサッカーファンや特定のクラブチームを支持している人をサポーターと呼んでいます。サポーター(supporter)は直訳すると「支持者」で、「特定のクラブチームなどを応援(支援)する人」という意味があります。ファン(fan=愛好家)とほぼ同義語ですが、クラブは地域に密着していることが多いので、より強い意味の「サポーター」という言葉が好んで使われます。現在はサッカー以外でも頻繁に使われています。
引用:http://www.jfa.jp/ 

ファン(英: fan)は、特定の対象に対する応援者、愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティスト(英: fanatist)。 の略。
サポーター。支持者。サッカーチームを応援するサポーター (サッカー)。 ファン・応援団・フーリガンも参照。 応援するだけではなく、クラブを支えている存在であるという概念からくるものである。なお、今日ではサッカー以外のスポーツにおいても、サポーターと称している事がある(詳細については、広義として私設応援団の項を参照の事)。
とどのつまり、サッカーファンとサポーターは全く異なる人種やと思うのですが、どうなんやろか。特定のクラブを応援しない、けどサッカー好き。そんな人っていっぱいいてると思うから、そこに対して何かしたい。スタジアムに行く導線を引いてあげるってことで。
ワタクシ自身、どこのサポーターでもないから逆に色んな試合観に行くのが楽しかったりするけど、まずは「チケット高!!」っていつも思います。そのハードル下げましょうよ。エイエイオー。
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です