サッカー指導者に必要な環境とは

指導者個人個人に必要な指導者の環境もあると思いますが、本日はサッカー界全体で指導者と言う立場を考えたとき、絶対的に必要であろう指導者環境について考えてみることにします。

サッカーの指導を生業にしているコーチや監督の皆様、指導者に本当に必要な環境が何かを一緒に考えてみませんか?

指導者の給与に関する環境

皆さんも一度は質問と回答を参考にしたことがあると思いますが、分からないことを質問する人と、回答してくれる人のやりとりが閲覧できるQ&Aサイトがあります。 

ヤフー知恵袋などがその代表ですが、そのQ&Aサイトの中で「サッカーの指導者はどれぐらいの給与がもらえますかか?」という質問を見かけました。 

そこでの回答は「サッカーの指導者(コーチや監督)は大体相場として20万ぐらいじゃないの?」というのがベストアンサーに選ばれていました。 

実際はどれぐらいかなんて所属するクラブによって大きく異なります。中には20万円よりも下回り7万円程度でアルバイト採用される指導者や、どこかの組織に所属してアマチュアクラブへ派遣されて50万円以上を稼ぐ指導者もいるのが現状です。 

指導者に関するマネーは実際に指導者になる人やなりたい人だけでなく、周りで関わる人も非常に気になるところです。
 

年齢を重ねれば重ねる程、ある程度給与が上がる仕組みが整っている日本の企業ですが、サッカー指導者が所属するクラブでは、そのような環境が完全に整っているとは言えません。

むしろ、毎年契約がどうなるか分からない状況で指導している選手も存在し、翌年クラブへ所属する選手数が減ることがあれば、自分の給与も減ってしまうことなんて当たり前にあるのが現状です。 

指導者になりたい人の志望動機は至って簡単。サッカーが好きだから、サッカーを教えたいから、自分の経験を活かしたいから。などが挙げられます。 

しかし社会人として一人の人間として最低限生きていくためにも給与面はどのような処遇か気になるところです。

そこで調べてみると、上記Q&Aのようなサイトを見つけるとどうでしょうか?
 

社会人経験のない方、結婚を考えていない方、給与レンジを気にしない方、国民年金を納めない方には、20万円がそこそこの給与かもしれないと、考えようによっては魅力的に思うかもしれません。
 

しかし、3年後にはおそらく次の職を探していることになるでしょう。自分を取り巻く環境が変わるにつれて、指導者で稼げる給与がいくらか段々自分の給与明細にシビアになるのは当然のことだからです。 

サッカー指導者になりたくても、対して稼ぐことができない。

そんな理由でサッカー指導者への道や夢を捨てているサッカー人は、日本には非常に多いと思います。

もしサッカー指導者の賃金形態が今より優れていた場合、もっとサッカー界で勝負したいと思うようなサッカー人が増えるに違いありません。 

サッカー指導者としてもって生まれた資質を無駄にしているケースがあることが、今の日本サッカー界におけるサッカー指導者の環境です。

指導者の学習に関する環境

サッカーの指導者に関する疑問や議論や問題提起などは、インターネットで検索するといくらでも近しい回答や求めているものが出てくると思います。

そして、指導者が英語ができる、イタリア語ができる、スペイン語ができるとなれば、世界中のサッカー指導に関する情報も集めることが可能です。 

 しかし、肝心の日本国内で日本語で学ぶ環境はどうでしょうか。 

指導者が一番知っておかねばならない「サッカー」と「指導」自体を学ぶ・理解する・勉強する・学習する・研鑽を積む・勉励する・教訓を得る・会得する・飲み込む・詰め込む・頭に入れる・修得する・苦学する・咀嚼する・吸収する・マスターする、そういった指導者に必要な環境が少なすぎるかもしれません。 

現在サッカー指導者として活躍されている方はサッカー経験者が大半だと思いますが、もし脱サラをしてサッカー指導者がどうしてもしたい、しかしサッカー選手としての経験がないという方が「サッカー」と「指導」に関して学べるような環境はあるでしょうか? 

私は日本国内で気軽に学習できるような環境は無いように思います。なぜなら私自身がサッカーを勉強したいと思って、色々情報を集めてみましたが、満足するような環境が整っていないと感じているからです。 

勿論、お金を払ってそれなりにまとまった時間を取ることが出来れば、それなりに学べる環境も多少はありますが、「時間がない」「お金がない」でもサッカーを学びたい。そんな人も少なからずいるのではないでしょうか。 

話しが少し脱線しましたが、兎に角サッカーを学ぶ環境が少ないことこそが、今の日本サッカー界におけるサッカー指導者の環境です。

指導者の環境をより良くするために何をすべきか

上記の2つはサッカー指導者を取り巻く根底にある「サッカー指導環境」の問題や課題であると考えています。 

日本サッカー協会が日本人指導者を海外へ派遣し、経験値を積ませるのはごく僅かで限られた指導者です。 

もし独自に指導者の経験を積みに海外へ行こうとすると、それまたそれなりの費用とそれなりの人脈が必要になります。
 

もっと簡単に指導者で経験を積みながらお金も稼げて簡単にサッカーと指導を学び続けてキャリアをステップアップさせて… 

日本のサッカー界のために、サッカー指導者のために、そんな環境を作れないだろうかと考えて、NEWJIで「指導者のための環境」を整えるサービスを作ることにしました。 

最初は知り合いのサッカー指導者に協力を得ながら、サービスの感想を聞いてみたいと思います。

100万PV挑戦中!

生田(榊)隆司
生田(榊)隆司NEWJI Founder
Soccer Owned Media「NEWJI」Founder。100万PVを目指して、日々妄想と執筆をしている。
プロフィール記事①
プロフィール記事②
Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です