メニュー 閉じる

「VAR介入がもたらす物議:FC東京対京都戦が浮き彫りにした再開方法の課題とフェアプレー精神」

サッカーへの関わり方が異なる3人が、話題のニュースについて本音で語り合いました。

立場の違いから生まれる発見や共感、スポーツを通して見えてくる人生の機微。
ピッチで繰り広げられるドラマが、私たちに問いかけるものとは。

情熱と冷静さが交錯する3人の対話から、大きな反響を呼ぶ今のニュースについて、垣根を越えてサッカーの奥深さと魅力に迫ります。

遠藤さん サッカーの育成現場指導者として最前線に立つ元プロサッカー選手。
生田さん IT企業を経営する現役サッカー選手。1年に1度だけプレー。
櫻井さん サッカーに興味を持つ人と話すことが好きなサッカー素人女性。

 

生田:生田: 遠藤、今回のFC東京対京都戦の件聞いた?VARの介入があってPK判定が取り消されたそうだけど、その再開方法がちょっと話題になってるんだって。

遠藤:遠藤:ああ、あの試合か。そうそう、最初はハンドの判定が出たけど、VARの介入で取り消されて、最終的にはドロップボールで再開したんだよね。ルール上は問題ないってJFAが言ってたよ。

櫻井:櫻井:なんか複雑だね。でも、どうしてドロップボールで再開したの?

遠藤:遠藤:それはね、ペナルティーエリア内でハンドと誤って判定された場合、VARが介入してその判定が取り消された時、再開方法がドロップボールになるのがルールなんだ。ただ、ちょっと珍しいケースだから混乱が生じたんだと思う。

生田:生田: そうそう、テクノロジーによって判定が覆ることが増えているけど、その後の再開方法がまだ馴染んでないのかもね。テクノロジーで判定がスムーズになると期待されてるけど、今回みたいなケースも増えるかもね。

櫻井:櫻井:なるほどね。でも、京都の選手たちは納得してなかったみたいだよね。どうしてコーナーキックじゃなくてドロップボールなのか、説明が足りなかったのかな?

遠藤:遠藤:うん、その可能性もあるね。試合中に詳しく説明する時間もないから、一部選手やスタッフが納得できなかったのかも。でも、レフェリーも感情的にならずに冷静に対応したと言ってるから、そこは評価できるかな。

生田:生田: いやー、これってビジネスにも共通する部分があるよね。テクノロジー導入って、実際の運用でいろんな課題が見えてくるんだよね。ルールと現場の理解が一致する必要があるってことだよ。

櫻井:櫻井:なるほど。じゃあ、テクノロジーを導入する時には、コミュニケーションがもっと大事になるってこと?

遠藤:遠藤:その通りだね。サッカーのルールもビジネスのルールも、現場の理解と納得がなければ円滑に進まないから。だから、レフェリーも選手にしっかりと説明をする時間が必要だし、選手もそのルールに慣れていく必要がある。

生田:生田: そして、京都の選手たちが納得しなかった理由の一つに、FC東京がボールを返さなかったこともあるってさ。これはサッカーの「フェアプレー精神」には反してるけど、ルール上は問題ないんだよね。

櫻井:櫻井:でも、それじゃあ選手は納得できないよね。フェアプレーじゃないと感じたら、感情的に抗議したくなるのも無理はないんじゃない?

遠藤:遠藤: 確かに。それに加えて、再開方法の理解が完全でなかったから余計に不満が募ったのかもね。でも、こういう事例があるからこそ、今後の試合で同じような問題が発生しないように改善できるんじゃないかな。

生田:生田:そうだな。やっぱりテクノロジーと人間の調和が大事だよね。サッカーもビジネスも、テクノロジーを使いこなすためにはお互いの理解を深めることが必要だからさ。

 

遠藤さん、生田さん、櫻井さん、素晴らしい対談でしたね。
サッカーに関わるそれぞれの立場からの意見交換は、本当に興味深いものでした。

F.C.NEWJIは、2020年に設立された革新的な仮想サッカークラブです。

世界一を目指す大志のもと、選手とサポーターが一体となって新しいライフスタイルを提案し、サッカーカルチャーを創造しています。

伝統的な枠にとらわれない革新的なデザインや、選手の日常アイテムの開発にも力を入れ、サッカーとライフスタイルの融合を目指しています。

F.C.NEWJIの挑戦は始まったばかりですが、情熱を注ぐすべての人々とともに新しい時代のサッカーシーンを切り拓いていくでしょう。

次回の対談では、F.C.NEWJIの取り組みについてさらに深く掘り下げていきます。ぜひご期待ください!

こちらもおすすめ