君はキーパーの足元を見てシュートしているのかい


あなたにとって絶対的にゴールの確率が高い状況とはどのようなものだろうか。これまで経験したことから色んなプレーを思い浮かべることができると思うが、ゴールキーパーと一対一の状況はゴールが生まれる確率が非常に高いことは周知のことだろう。


フォワードの選手や二列目の選手は、試合の中でキーパーと一対一の状況が生まれることが他の選手に比べ比較的多い。そんな状況下、あなたに一対一のチャンスが巡った時、これまでキーパーと目が合ったことがあるだろうか。


あなたは相手ディフェンスに追いつかれないように、また、ゴールキーパーが飛び出してきたとしてもボールを取られないようにゴールを目指さなければならない。なんとも言えないあの雰囲気で、キーパーとの一対一の駆け引きに勝たなくてはならない。


一対一の駆け引き

まず、あなたが思っている以上に相手のゴールキーパーは、あなたが次に何をするのかを見ているだろう。あなたが相手のゴールキーパーの気持ちになってみて考えれば、その理由も分かるはずだ。


キーパーからすると、自分はボールを持っていないので、あなたと自陣のゴールの位置だけを意識していれば、あなたが次に何をするのか、どうしたいのかを予測することに全精力を注ぐことができる。


最後の最後まであなたのどんなプレーにも対応できるよう地に足をつけて最善の準備をしているはずだ。


時間で言えば、あなたが感じるシュートを打つまでの時間は一瞬かもしれないが、キーパー側が感じる時間は意外と長い。それだけ試合全体の状況を見ているし、準備ができるポジションだからだ。


あなたからすると、いざゴールキーパーと一対一の状況になると、これまで自然にプレーできていたはずなのに、急に周りの目が気になったり、地に足がつかない状況に陥ることもある。


それだけ一対一の状況と言うのは、自分が思っている以上の不可抗力がのしかかっているのだ。


一対一の状況は、意図的に狙って飛び出した結果としてチャンスが訪れる時もあれば、相手のミスにより不意にチャンスが生巡ってくる時もある。前者であればあるほど実は、自然体でプレーすることが困難な時が多い。


ただ、一つ言えるのは、どう考えてもあなたの状況はゴールキーパーよりも優位な状況であることを忘れてはいけない。自分に主導権があることを忘れて放棄すれば、たちまち地に足がつかない心理状態に陥るのである。


全ては相手ゴールキーパーとの一対一の駆け引きなのだ。


一対一ではキーパーと目を合わせるな

あなたのプレーは、シュートを打つ瞬間までゴールキーパーからじどんなことをするのか、じっと見られている。


試しに今度、もし一対一の状況になった場合はゴールキーパーの目を見てみてはどうだろうか。きっと、あなたはキーパーと目が合うことになるだろう。


目が合うことは、攻撃側にとっては実はよろしくはない。キーパーと目を合わすことで、あなたの状況は一気に不利になるのだ。なぜなら目が合った瞬間から、色んな雑念が入るからだ。


特に、相手キーパーの目がとても自信に満ち溢れた目をしていることまで伺えるのであれば、勝率は5割まで下がるかもしれない。こちらも一瞬の時間の中で色んなことを考えるようになる。


考えると言うよりも、考えざるをえない状況となる。実はそれがあなたの中で無意識に発生し始めた雑念でもあり、不利な状況に追い込まれ始めたことを証明しているのだ。


キーパーが飛び出した瞬間にシュートをしようかな。
キーパーをドリブルでかわしてガラ空きのゴールに流しこもうかな。
キーパーに動きがない場合ループシュートを狙おうかな。
味方の上がりを待って最後に決定的なパスを出そうかな。


これらは全部、あなたの頭の中で生まれている雑念だ。選択肢が3つも現れた場合は、ミスを犯して失敗することも考えなければならないかもしれない。


選択肢が多くなれば多くなるほど、あなたの立場は不利な状況へと転換していることに気づかなければ後の祭りだ。だからこそ、キーパーと目を合わせてはいけない。


要するに、雑念は「不安要素」となり、失敗する確率を高めているのである。


あなたが見るべきは目ではなく足元である

キーパーと一対一の状況担った場合は、間接視野でキーパーの位置や状態を把握し、直接見るべき視点は、ゴールキーパーの足元である。


もっと言えば、股の下である。


シュートを打つまではゴールキーパーと目を合わせないようにして、ボールとゴールとキーパーの位置を確認する。


そして、ゴールキーパーの存在感が大きくなり始めた時から、股の下を意識してシュートの瞬間はボールの空気穴を見つけるぐらいにボールに集中する。


股の下を見るべき意味や理由はないが、あなたがもし一対一で優位な状況を保ちたいのであれば、騙されたと思って股の下を見るようにすれば良い。


試合でいきなりやっても失敗する可能性が高いので、できれば練習で確実に股の下を見れるようになった状態で、試合で試すことをおすすめする。


ただ、決して股の下を狙ってシュートをした方がいいと言っているのではない。股の下を見てキーパーとの一対一の状況に勝つべくして勝ち、ゴールすることが目的である。


その勝負で生まれる得点によっては、あなたがヒーローになれるか、それともバッシングの的となるか。


常に股の下を見てヒーローになって欲しいと願う。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です