原政権、大崩壊で日本サッカーが変わる

サッカー日本代表監督・アギーレ解任に燃える浦和レッズ(1)
サッカー日本代表監督・アギーレ解任に燃える浦和レッズ(2)

アギーレが八百長に関与していたのであれば、原専務理事の政権に終止符が打たれ、日本サッカーに希望の光が見え始めるかもしれません。

皆さんこんにちこんばんは。「進化系サッカーメディアNEWJI」の立案者ryujinです。「ダメージ」と言う海外ドラマも面白いと思います。

アギーレのサッカーはもう少し見ていたい気もするので、海外ドラマの主人公でもある弁護士、パティ・ヒューズがアギーレの弁護をして欲しいかなと思います。
IMG_0959.JPG
写真:ダメージのワンシーン

しかし、八百長問題が事実であれば、原専務理事には早急に退任して欲しいと思っています。

この問題の責任追求と言うことではなく、とにかく日本サッカーを良くするために、原専務理事には退いてもらわなければ何も変わらないからです。

おそらく今後、原政権は一気に崩壊し、日本サッカー協会に新たな風が吹くことになりそうな気がします。

どうせなら、なるべく早い段階で問題を解決し、新たなスタートを切って欲しいところです。

上記記事でも取り上げられていますが、少なくとも原専務理事の代表選手リストの存在があるはずです。

アギーレが短期間で全ての選手を把握することは困難であり、今選出されている選手は原専務理事の構想メンバーかもしれません。

普通に考えてみると、Jリーグの首位を走るチームや、得点王争いをしている実力者に目が行く可能性は高く、そもそも彼らが代表に呼ばれていないことは、やはり裏で操作されている可能性が高いと思います。

中田英寿ついに動き出す、サッカー界が動く予感 」で取り上げましたが、そろそろ本格的に中田英寿の出番ですよー( ̄Д ̄)ノ

って、思ってたら…


(あんた…サッカーだけでいいよ…)

仕方ないですね。兼任も悪くない。中田英寿が片手間でサッカー協会に関与したとしても、今よりは良くなる可能性の方が高い。だから、原専務理事の退任後は中田英寿の兼任に清き一票を投じます。

日本人でトンデモナイサッカー選手が生まれる見込みがないなら、早急に帰化してもらえるような逸材を探すのも一つの手かなと。

原政権の大崩壊で中田英寿が就任したならば、グローバルな視点から、日本人帰化も進みそうな予感がします。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です